Windowsケータイ/ヘルプ/Opera for PocketPC のヘルプ - Windows Phone

Top > Windowsケータイ > ヘルプ > Opera for PocketPC のヘルプ

Windowsケータイ/ヘルプ/Opera for PocketPC のヘルプ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Copyright © 1995 - 2006 Opera Software ASA. All rights reserved.

目次

注)本文中の[スタート]はタイトルバーにあるhttp://www.wince.ne.jp/review/okamon/img/win-keitai/flag.gifのことを指します。

ウェブに接続

お使いのPocket PCに利用できるインターネット接続がない場合、Operaを使用するために設定を行う必要があります。この接続はブラウザを起動したときにOperaが使用します。

モデム接続の設定

  1. Today画面から、スタート > 設定 > 接続 > 接続を選択します。
  2. "新しいモデム接続の追加"を選択します。
  3. 接続の名前を入力し、モデムの種類には "W-SIM" を選びます。
  4. "次へ" をタップし、"番号欄" には携帯電話会社から提供される電話番号を入力します。
  5. "次へ" をタップし、携帯電話会社から提供されたほかの情報を入力します(その他のオプションは "詳細設定" をタップ)。
  6. "完了" をタップすると、接続が作成されます。
  7. "接続" に戻り、"既存の接続を管理" から作成した接続がデフォルトに設定されていることを確認してください。

注意: 入力する内容がわからない場合は、携帯電話会社に問い合わせるか、www.jp.opera.com/products/mobile/docs/connect/ を参考にしてください。

Tip: デスクトップブラウザでOperaのオンラインガイドにアクセスしてみてください。

初めに

ウェブページを開く

アドレスバーをタップすると、アドレスを入力したり変更することができます。アドレスを入力後は、Enterを押すかアドレスバー右側の "開く" ボタンをタップします。画面下の "アクション" メニュー > "ブックマーク/履歴" からはブックマークフォルダを開いたり、履歴フォルダから過去に訪問したアドレスを見ることができます。"ブックマーク/履歴" メニューはコンテキストメニューからも利用できます。詳細は下記をご覧ください。

現在開いているページの詳しい情報は、メニュー > ツール > ページ情報を表示 から見ることができます。

ページナビゲーション

Pocket PC 用のOperaはスタイラス、ジョイスティック、ナビゲーションキーを用いてのナビゲーションに対応しています。

スタイラス

Operaでは主要なPocket PC用アプリケーションと同様にスタイラスを使用できます。ボタンやメニューをタップしたり、テキスト入力を可能にします。

閲覧中のページ上でタップした後、スタイラスを長押しすることで、コンテキストメニューが表示されます。

ジョイスティックとナビゲーションキー

上下左右に動かすと、Operaの空間ナビゲーションを利用してそれぞれ動かした方向のリンクやフォーム要素にフォーカスを移動します。それらを押すと、リンクやフォーム要素を選択することが出来ます。

フォームに記入する

文字入力が有効になっている間は、通常の入力方式が利用できます。キーボード、キーパッド、IntelliPad、手書き検索や手書き入力など、端末で使用可能な入力方式を使って文字を入力できます。

履歴を使用する

過去に訪問したアドレスを利用したい場合、"ブックマーク/履歴" メニュー以外からも履歴にアクセスする方法があります:

  • アドレスバーの "戻る" や "更新" ボタンをタップする。
  • コンテキストメニューの 戻る や 進む を選択する。
  • アクションメニューからから "戻る"、 "進む" や "更新"を選択する。

ダウンロード

フォームの送信や、リンクのクリックによってファイルのダウンロードが開始されたとき、それらのファイルを保存するか、開くかを選択するよう促されます。開くを選択した場合、ファイルは自動的にマイ デバイス\My Documents フォルダにダウンロードされ、完了次第ファイルが実行されます。

保存を選択した場合、ダウンロード場所を尋ねるダイアログが表示されます。その後 Opera のダウンロードマネージャが表示されダウンロードを開始します。ダウンロードマネージャにおいてダウンロードアイテムを選択すると、メニューからダウンロードの中止、再開、削除、開くといった操作を行うことができます。閉じる をメニューから選択するか、閉じるボタン(右上の[X]ボタン)をタップすることでOperaのメインウィンドウに戻ります。

Operaのメインウィンドウからダウンロードマネージャを開くには メニュー > ツール > ダウンロード履歴 を選択します。

ダウンロードされたファイルへはファイルエクスプローラを使ってにアクセスすることができます。

コピーと貼り付け

Operaはクリップボード機能に対応しています。テキストをコピーするにはテキスト上でタップし、そのままスタイラスでドラッグしてテキストを選択します。その後タップし、押したままにすることでコンテキストメニューを表示させ、利用可能なオプションを選択します。また、Ctrl+C(コピー)、Ctrl+V(貼り付け)、Ctrl+X(切り取り)のキーボードショートカットも利用可能です。

ブラウザを使う

表示モード

Operaには複数の表示オプションがあります。メニュー > ディスプレイ で設定を変更できます。

拡大/縮小

閲覧中のページのズームを行うには 拡大/縮小 を選択します。画像、テキスト、その他のコンテンツを拡大、縮小します。この機能はコンテキストメニューからも使用できます。

画像を表示

高速で低コストなブラウジングのために、ローカルにキャッシュされた画像だけを表示するように設定することができます。 メニュー > ディスプレイの画像を表示 から切り替えることができます。

フルスクリーン表示

スクリーン全体を使ってウェブページを表示します。フルスクリーン表示ではメニューバーやタイトルバーは表示されません。通常の表示画面に戻るには、コンテキストメニューから フルスクリーン表示 を再度選んでください。

画面幅で表示

Opera のスモールスクリーンレンダリング(SSR)技術は、PCスクリーン用にデザインされたウェブページをスクリーンの小さな端末にはフィットするよう再構成します。この機能は メニュー > ディスプレイ から 画面幅で表示 を選択する事で実行でき、標準ではこの機能が有効にされています。メニュー > ディスプレイ において PC モード を選択した場合、ページを再構成することなく表示します。

縦横切り替え

Operaでは縦と横の両方の表示が可能です。縦横を切り替えるには メニュー > ディスプレイ の 縦横切り替え を選択します。

マルチタブ

Operaでは複数のタブを利用することができます。これはウェブページによって開かれることもありますが、リンクの上でコンテキストメニューを開き 新しいタブで開く を選択することでリンクを新しいタブに表示させることもできます。

タブを開いたり閉じたりするには メニュー > タブ操作 > タブ一覧 を選択します。複数のタブが開かれている場合、次のタブ を選ぶことでタブを切り替えることができます。全てのタブの一覧を表示するには メニュー > タブ操作 > タブ一覧 を選択します。新しいタブ はコンテキストメニューからも利用できます。

ブックマークの編集

閲覧中のページをブックマークに追加するには アクション > ブックマークに追加を選びます。

メニュー > ツール > ブックマークの編集 はブックマークエディタを開きます。ここではブックマークをフォルダに整理することができます。

設定と履歴

Operaは数々のオプションと設定を変更できます。設定を変更するには メニュー > ツール > 設定 を開きます。

"一般設定" タブでは、ホームページの設定、ウェブサイトにOperaをモバイルもしくはデスクトップとして認識させるか、ポップアップを無効にするかどうか、ページで使用できる最小フォントサイズの設定ができます。

"履歴" タブでは、キャッシュやcookie、ブラウジング履歴を削除できます。キャッシュサイズも設定できます。端末を共有したり貸し出す場合などに、訪問したウェブサイトの履歴を削除することができます。

"ネットワーク" タブでは、プロキシサーバの指定や有効にしたいセキュリティプロトコルの選択を設定できます。

"その他" タブでは、JavaScriptやアニメーションの表示、Opera を標準ブラウザに設定する、などの設定ができます。

Opera の終了

Opera を終了させるには、閉じるボタン(右上の[X]ボタン)をタップしてください。Opera を終了させても、システム上には Opera のプロセスが残っているので、次回起動するときは終了させた場所から再開されます。もし、システムのリソースが少ないときは自動的にプロセスは終了します。手動でプロセスを終了させたい場合は メニュー > 終了 を選択するか、Ctrl+Q を押すことによってOperaは完全に終了します。また、システムのメモリ管理ツールを利用してOperaを強制終了させることもできます。


トラブルシューティング

問題

ページの再構成

  • PCスクリーン用にデザインされたウェブページは、通常、スクリーンの小さな端末にはフィットしません。そのためOperaは必要に応じて、ページを再構成します。この機能は メニュー > ディスプレイ > 画面幅で表示 を選択する事で実行できます。メニュー > ディスプレイ > PC モード が選択されている場合はページは再構築されません。詳しくは表示モードの項目をご覧ください。

メモリ不足

  • Operaのインストールやブラウジングをする際は、十分な空メモリがあることを確認してください。不要な画像、アプリケーション、容量の大きなファイルやメッセージ等を削除して下さい。端末上で実行中のプログラムに十分なメモリが確保されていることを確認してください。これはスタート > 設定 > システム > メモリから確認できます。 スタート > 設定 > システム > メモリ > 実行中のプログラム からは実行中のプログラムを終了させることもできます。詳しい情報に関しては、お使いの端末のヘルプを参照ください。

ブラウジング中のメモリ不足

  • ウェブページに多くの画像やコンテンツがある場合、端末ではページ全体を処理できないことがあります。メモリを減らすために、メニュー > ディスプレイ > 画像を表示から、画像を読み込まないように設定することができます。メニュー > ツール > 設定 > その他 からは、Javascriptを無効にすることもできます。

Operaが "ネットワークに問題あり" のメッセージを表示する

  • お使いの端末にインターネット接続の設定がされていること確認してください。設定がない場合は、接続を追加する必要があります。

オンラインサポート

このページでは問題が解決しなかった場合、Operaのウェブページにアクセスください:


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Sun, 20 Aug 2006 13:56:27 JST (4082d)