Windowsケータイ/ヘルプ/Bluetooth のヘルプ - Windows Phone

Top > Windowsケータイ > ヘルプ > Bluetooth のヘルプ

Windowsケータイ/ヘルプ/Bluetooth のヘルプ

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

目次

Bluetooth の概要

Bluetooth とは、近距離の無線通信技術を指します。Bluetooth 機能を持つデバイス同士は、物理的に接続しなくても、約 10 メートルの範囲でビーム (情報を交換) できます。

赤外線とは異なり、Bluetooth では情報をビームするためにデバイス同士を向き合わせる必要はありません。この範囲内であれば、デバイスが別の部屋にあっても情報をビームできます。

Bluetooth は次のように使用できます。

  • Bluetooth 機能を持つデバイス間で、ファイル、予定、仕事、および連絡先などの情報をビームします。
  • デバイスと Bluetooth 搭載電話機の接続を作成して、電話機をモデムとして使用します。「Bluetooth 搭載電話機をモデムとして使用する」を参照してください。
  • Bluetooth サービスを使用します。Bluetooth を使って別のデバイスまたはコンピュータに接続すると、そのデバイスで利用できるサービスを検索して使用できます。

ヒント

お持ちのデバイスには、これ以外の Bluetooth 機能も組み込まれている場合があります。詳細については、お使いのデバイスのマニュアルを参照してください。

Bluetooth パートナーシップの概要

パートナーシップとは、お使いのデバイスと Bluetooth 機能を持つ別のデバイスとの間で、セキュリティで保護しながら情報を交換するために作成する関係のことを指します。パートナーシップを作成するには、両方のデバイスに同じ Bluetooth パスキーを入力する必要があります。パートナーシップを作成すると、Bluetooth をオンにするだけで、デバイス間で情報を交換できるようになります。デバイスを検出可能にしておく必要はありません。パートナーシップの作成手順については、「Bluetooth パートナーシップを作成する」を参照してください。

2 つのデバイスの間でパートナーシップを作成するのは 1 回だけです。その後はパスキーを入力しなくても、デバイス間で情報を交換できます。他のデバイスとの情報のやり取りについては、「情報をビームする」および「Bluetooth ビームを受信する」を参照してください。

Bluetooth パートナーシップを受け入れる

  1. デバイスがオンになっていること、検出可能であること、相手のデバイスと近い距離にあることを確認します。
  2. 関係を要求しているデバイスとのパートナーシップを受け入れるかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をタップします。
  3. パスキーを要求された場合は、[パスキー] ボックスに 1 ~ 16 文字の英数字のパスキーを入力し、[次へ] をタップします。パートナーシップを要求しているデバイスに対して入力したのと同じパスキーを入力する必要があります。パスキーを使用すると、より高度なセキュリティを実現できます。
  4. よりわかりやすい名前をパートナーシップに付けるには、[名前] ボックスのデバイス名を変更します。
  5. [完了] をタップします。

Bluetooth 搭載電話機をモデムとして使用する

デバイスに電話機の機能が組み込まれていない場合は、Bluetooth を搭載した別の電話機をデバイスのモデムとして使用して、インターネットを閲覧したり情報を転送したりできます。モデムとして使用するには、デバイスで Bluetooth モデム接続を作成し、Bluetooth を使用して電話機に情報を送信します。電話機は、その情報を電話回線を介して中継し、要求された情報をその接続を介してデバイスに送り返します。

一度作成したモデム接続は再使用できます。

注意

デバイスと電話機がオンになっていること、検出可能であること、互いに近い距離にあることを確認します。

  1. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  2. [接続]、[新しいモデム接続の追加] の順にタップし、接続の名前を入力します。
  3. [モデムの選択] 一覧で、[Bluetooth]、[次へ] の順にタップします。
    電話機が検出可能であることを確認します。電話機によっては、パートナーシップ要求を受け入れるために追加オプションを設定する必要があります。詳細については、お使いの電話機の製造元のマニュアルを参照してください。
  4. 電話機が [接続] 一覧に表示されている場合は、手順 9 へ進みます。表示されていない場合は、[追加] をタップして、以降の手順を実行します。
  5. 一覧で電話機をタップし、[次へ] をタップします。
  6. パスキーを使用する場合 (セキュリティ強化のためにお勧めします)、[パスキー] ボックスに 1 ~ 16 文字の英数字のパスキーを入力し、[次へ] をタップします。パスキーを使用しない場合は、[パスキー] ボックスを空白のままにして [次へ] をタップします。
  7. 電話機に同じパスキーを入力します。
    よりわかりやすい名前をパートナーシップに付けるには、[名前] ボックスのデバイス名を変更します。
  8. [完了] をタップします。
  9. [接続] 一覧で電話機をタップし、[次へ] をタップします。
  10. この接続でダイヤルする電話番号を入力し、[次へ] をタップします。
  11. この接続のログオン情報を [ユーザー名]、[パスワード]、および [ドメイン] ボックスに入力し、[完了] をタップします。

Bluetooth パートナーシップを作成する

お使いのデバイスと、Bluetooth 機能を持つ別のデバイスの間のパートナーシップを作成できます。パートナーシップを作成しておくと、デバイスが検出可能でなくても、Bluetooth をオンにするだけで、2 つのデバイス間で情報をビームできます。

  1. 2 台のデバイスがオンになっていること、検出可能であること、互いに近い距離にあることを確認します。
  2. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  3. [Bluetooth]、[デバイス] タブ、[新しいパートナーシップ] の順にタップします。Bluetooth 機能を持つ他のデバイスが検索され、一覧に表示されます。
    パートナーシップを作成するデバイスの名前をタップし、[次へ] をタップします。
  4. パスキーを使用する場合 (セキュリティ強化のためにお勧めします)、[パスキー] ボックスに 1 ~ 16 文字の英数字のパスキーを入力し、[次へ] をタップします。パスキーを使用しない場合は、[パスキー] ボックスを空白のままにして [次へ] をタップします。
  5. パートナーシップを作成するデバイスに同じパスキーを入力します。
    よりわかりやすい名前をパートナーシップに付けるには、[名前] ボックスのデバイス名を変更します。
  6. [完了] をタップします。

Bluetooth パートナーシップを終了する

  1. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  2. [Bluetooth]、[デバイス] タブの順にタップします。
  3. 終了するパートナーシップをタップしたまま押さえます。
  4. [削除] をタップします。

デバイスを検出可能にする

Bluetooth 機能を搭載した他のデバイスは、ユーザーのデバイスを検出して、情報をビームしたり、パートナーシップを確立したり、Bluetooth サービスを使用したりできます。

  1. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  2. [Bluetooth] をタップします。
  3. [Bluetooth をオンにする] チェック ボックスをオンにします。次に、[このデバイスをほかのデバイスからも検索できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

ヒント

デバイスを検出できないようにするには、[このデバイスをほかのデバイスからも検索できるようにする] チェック ボックスをオフにします。

Bluetooth ビームを受信する

着信した赤外線および Bluetooth ビームをデバイスが検出してユーザーに通知するには、次のように設定する必要があります。

  1. [スタート]、[設定]、[接続] タブ、[ビーム] の順にタップします。
  2. [すべての着信ビームを受信する] チェック ボックスをオンにします。
  3. デバイスがオンになっていること、検出可能であること、情報のビーム元デバイスと近い距離にあることを確認します。
  4. 着信ビームを受信するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をタップして、ビームされた情報を受信します。

Bluetooth パートナーシップの名前を変更する

Bluetooth パートナーシップにわかりやすい名前を付けておくと、そのパートナーシップを一覧から選択するときに識別しやすくなります。

  1. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  2. [Bluetooth]、[デバイス] タブの順にタップします。
  3. 名前を変更するパートナーシップをタップします。
  4. [名前] ボックスにパートナーシップの新しい名前を入力します。
  5. [完了] をタップします。

Bluetooth のオン/オフを切り替える

  1. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  2. [Bluetooth] をタップします。
  3. [Bluetooth をオンにする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

注意

既定では、Bluetooth はオフになっています。Bluetooth をオンにしたままデバイスの電源をオフにすると、Bluetooth もオフになります。デバイスを再びオンにすると、Bluetooth は自動的にオンになります。

Bluetooth 対応ヘッドセットを設定する

デバイスと Bluetooth 搭載ヘッドセットの Bluetooth パートナーシップを作成すると、デバイスで Bluetooth 対応ヘッドセット (または車載キットのような Bluetooth 対応の他のハンド フリー デバイス) を使用できます。

  1. 2 台のデバイスがオンになっていて互いに近い距離にあることと、Bluetooth 対応ハンド フリー デバイスが検出可能であることを確認します。
  2. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  3. [Bluetooth]、[デバイス] タブ、[新しいパートナーシップ] の順にタップします。Bluetooth 対応の他のデバイスが検索され、一覧に表示されます。
  4. Bluetooth 対応ハンド フリー デバイスの名前をタップし、[次へ] をタップします。
  5. [パスキー] ボックスに、Bluetooth 対応ハンド フリー デバイスの英数字のパスキーを入力します。パスキーは、お使いのハンド フリー デバイスの製造元のマニュアルで確認してください。[完了] をタップします。
  6. [ハンド フリー] サービスのチェック ボックスをオンにし、[完了] をタップします。

送信 Bluetooth COM ポートを設定する

1 つまたは複数の Bluetooth に接続されたデバイスがシリアル (COM) 接続をサポートしている場合にのみ、一覧に [新しい発信ポート] が表示されます。

  1. 現在デバイスが Bluetooth で別のデバイスに接続されていることを確認してください。
  2. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  3. [Bluetooth]、[COM ポート] タブの順にタップします。
  4. [新しい送信ポート] をタップします。
  5. 一覧から番号付きの COM ポートを選択します。
    ポートが使用中の場合は、ポートは作成できません。別の番号付きのポートを選択してください。
  6. この COM ポートを使って Bluetooth パートナーシップを確立したデバイスとのみ通信するには、[セキュリティで保護された接続] チェック ボックスをオンにします。
  7. [完了] をタップします。

Bluetooth 仮想 COM ポートの概要

プログラムによっては、シリアル (COM) ポートでのみ接続が可能な場合があります。デバイス自体が Bluetooth 対応の場合でも同じです。 この種のプログラムで Bluetooth 接続を可能にするには、仮想 COM ポートを設定する必要があります。作成した仮想 COM ポートは、他の COM ポートと同じように使用することができます。たとえば、仮想 COM ポートを使用すると、GPS 受信機へ接続するプログラムや、Bluetooth 対応プリンタへの接続が可能となります。

受信および送信仮想 COM ポートの使用例を以下に示します。

送信 COM ポート

Bluetooth を直接使用することはできないが、シリアル (COM) ポートへの印刷はできるプログラムがデバイスにインストールされているとします。この場合、Bluetooth 対応プリンタと Bluetooth パートナーシップを作成して、送信 COM ポート (COM 1 など) を設定します。これにより、プログラムから COM 1 経由で Bluetooth 対応プリンタに印刷データを送信することができます。

受信 COM ポート

Bluetooth 対応の GPS 受信機を使用しており、デバイスにはシリアル (COM) ポート経由で GPS データを受信する GPS 追跡プログラムがインストールされているとします。この場合、Bluetooth 対応 GPS 受信機と Bluetooth パートナーシップを作成して、受信 COM ポート (COM 2 など) を設定します。これにより、GPS プログラムから COM 2 経由で GPS 受信機にデータを送信することができます。

お使いのデバイスと別の Bluetooth 対応デバイスにシリアル ポートを使って通信する必要のあるプログラムが含まれている場合でも、各デバイスに必要に応じて仮想の受信または送信 COM ポートを設定することにより、Bluetooth 接続での通信が可能となります。

受信 Bluetooth COM ポートを設定する

  1. 現在デバイスが Bluetooth で別のデバイスに接続されていることを確認してください。
  2. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  3. [Bluetooth] 、[COM ポート] タブの順にタップします。
  4. [新しい受信ポート] をタップします。
  5. 一覧から番号付きの COM ポートを選択します。
    ポートが使用中の場合は、ポートは作成できません。別の番号付きのポートを選択してください。
  6. この COM ポートを使って Bluetooth パートナーシップを確立したデバイスとのみ通信するには、[セキュリティで保護された接続] チェック ボックスをオンにします。
  7. [完了] をタップします。

ステレオ ヘッドセットを設定する

Windows Mobile 対応のデバイスでは、Bluetooth 対応ステレオ ヘッドセットで使用される A2DP (Advanced Audio Distribution Profile) がサポートされています。お使いのステレオ ヘッドセットでも A2DP がサポートされていることを確認してください。

  1. 2 台のデバイスがオンになっていて互いに近い距離にあることと、Bluetooth 対応ヘッドセットが検出可能であることを確認します。
  2. [スタート]、[設定]、[接続] タブの順にタップします。
  3. [Bluetooth]、[デバイス] タブ、[新しいパートナーシップ] の順にタップします。Bluetooth 対応の他のデバイスが検索され、一覧に表示されます。
  4. ステレオ ヘッドセットの名前をタップし、[次へ] をタップします。
  5. [パスキー] ボックスに、Bluetooth 対応ハンド フリー デバイスの英数字のパスキーを入力します。パスキーは、お使いのハンド フリー デバイスの製造元のマニュアルで確認してください。[次へ] をタップします。
  6. [ハンド フリー] サービスのチェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

注意

ヘッドセットとの接続が切断される場合は、ヘッドセットをオンにして、上記の手順 1 ~ 3 を繰り返します。ステレオ ヘッドセットの名前をタップしたまま押さえ、[ワイヤレス ステレオに設定する] をタップします。


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Sun, 20 Aug 2006 08:29:24 JST (3868d)