Panasonic LUMIX DMC-FX40 - Windows Phone

Top > Panasonic LUMIX DMC-FX40

Panasonic LUMIX DMC-FX40

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Panasonic LUMIX DMC-FX40

3591819691_de84f0ccb5_m.jpg 3592595780_71023a7678_m.jpg

Panasonic LUMIX DMC-FX40 は、2009年2月中旬発売の LUMIXブランドのコンパクト・デジタルカメラである。テレビCMで、「AYUを探せ」ってやっている、個人識別機能付きの代表的なモデルだ。エントリーモデルでも、上級のモデルや、一芸に秀でたモデルというわけでもなく、もっともボリュームゾーンを狙ったモデルだ。

4年前モデルからの買い換えで評価

WindowsケータイFANは、カメラ専門サイトというわけでもないので、詳しい説明はカラっと止めて、前モデルの DMC-FX2 との比較で、どう変わったかという観点で紹介したい。すなわち、競合他機種と比較してどうとか、前機種と比べてどう、とかいう話ではなく、5年前のデジカメから買い換えたら、どんなところが幸せになれるか? という観点だということだ。

デジカメ基本スペックでこう変わった

下記が、2009年モデルである LUMIX DMC-FX40 と 2004年モデルである LUMIX DMC-FX2 の主要スペックを比べてみた差だ。ちなみにお互いの機種で最高解像度、最高品質で写真を保存した場合の要領は、500KB ~ 1.0MB と 6MB ~ 8MB といったところ。単純な画素数比較以上の差を感じてしまうこの頃である。DMC-FX2は、2304 x 1728 のピクセル数、DMC-FX40 は、4000 x 3000 というピクセル数だ。

機種名DMC-FX40DMC-FX2
本体イメージ3591819691_de84f0ccb5_t.jpg3592626770_8541ac369a_t.jpg
発売年2009年2004年
最大画素数1,200万画素400万画素
メモリカード規格SDHCSD (1GBまで)
最大メモリカード容量32GB1GB
マクロ撮影5cm5cm
焦点距離25mm 相当35mm 相当
動画1280x720画素(HD)320x240(QVGA)
光学ズーム5倍3倍
撮影画素4000 x 30002304 x 1728

コンパクトデジカメ同士 4年でここがよくなった

というわけで、気に入ったポイントをまとめてみよう。

撮影・保存速度が速くなった

DMC-FX2で 400万画素で撮影したときの速度より、DMC-FX40で 1200万画素で撮影したときの方が高速に撮影可能。体感で、2倍シャッターチャンスが増えた感じ。

広角25mmはいい

一回り広い雰囲気が撮影できる。人間の感じる感じ方により近い。でも、パノラマ写真撮影が不要になるほどじゃないかも。

接写が前より近距離まで寄れる

小さなオブジェも、フレームいっぱいに撮影可能。

起動が早い

電源オンから、2秒程度でシャッターを切ることができる。

暗いところでもピントが合いやすい

暗いゲームの画面をテレビ画面で撮影する場合でもピントが合いやすい。

連射機能も便利

撮影シーン選択機能を使って、連射「速度優先」を選択すると、1秒間に約10コマの撮影ができる。最近の速射デジカメは、秒300コマとかいう単位で撮影できるので、それに比べると「速射」と言えないレベルではあるが、あれば便利なのは事実だ。

フォーカス追従も便利

ピントを合わせた対象が動いても、ちゃんとピントを合わせてくれるのは便利。庭の小鳥とかを撮影するときにピントが合いやすい。

非常にざっくりとであるが、このあたりが 4年ぶりにデジタルカメラを買い換えてみてよかったなーと思った内容だ。

細かく言うとこんなところも変わっている

細かいところでいうと、DMC FX40 になってから、こんなところもよくなったなあと思った。ちょっとわかりにくいかもしれない。

  • 設定メニューで変更する項目と、各撮影メニューごとにテンポラリに設定を変更する機能とが分かれている。
    具体的に言うと、撮影中に 4:3、3:2、16:9 と切り替えることができるのだが、このあたりが撮影中にも手軽に切り替えられる。
  • DMC-FX2 でできていたことは、ほとんどそのまま利用可能。例えば、撮影後の確認用にプレビューで拡大表示する、みたいな設定もちゃんと生きている。
  • 裏蓋のロックがはずしやすい。
    ロックをはずすと、バネで裏蓋がパンと開く。
  • ストラップホールの場所も DMC-FX2 と同じ。

まとめていて、何となく昔の DMC-FX2 と操作性が共通なのがいいと思っているのかも。

DMC-FX40 最大の特徴: 個人識別機能は?

実のところ、個人識別機能はまだ一度も使っていない。被写体として登録するようなものがないというだけなので、そのうち旅行とかにいったら大活躍しちゃうのかもしれない。

DMC-FX40 が イマイチな点は?

イマイチな点は、2点のみ。

  • ファイル名のカスタマイズができない
    それは、ファイル名の命名規則をカスタマイズできないこと。デフォルトで、P101-0001.JPG みたいな名前をつけてくれるわけだが、これが前機種までとまったく同じ命名規則なのだ。同じフォルダに入れることはそもそもあまりないのだが、万一の時にファイル名だけで写真の撮影時期などを区別できないのは意外と面倒なのだ。

できれば、YYYYMMDDHHMMSSNN.jpg みたいなシンプルな名前構成も選べるようにしてくれればいいのに、と思ったりした。

  • 縦撮影した時に、縦向きの画像として保存してくれない。
    これは、他のデジカメでもほとんどそうだと思うのだが、縦で撮影したという情報は EXIF情報とかには入っているようだが、Windows Vista のプレビューとかでは縦にならず、横向きのままになってしまうのだ。Windows Vistaで編集せずに Flickr にアップロードすればちゃんと向きを認識してくれるのだが、Windows Vista パソコン上で編集してしまうと、この情報すら失われてしまい、横のままになってしまうのだ。
    Windows Vista 側で対応すればいい話もあるだろうが、DMC-FX40側で、もう一息対応してくれるとよかったなあと思う。

Panasonic LUMIX DMC-FX40 関連記事一覧


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Thu, 04 Jun 2009 00:50:46 JST (3057d)