Microsoft Tag/04 Microsoft Tag Reader 利用 - Windows Phone

Top > Microsoft Tag > 04 Microsoft Tag Reader 利用

Microsoft Tag/04 Microsoft Tag Reader 利用

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Microsoft Tag Reader 起動

Microsoft Tag Reader をインストールすると「プログラム」の中に、TagReader というアイコンが作成される。先ほどのインストーラーの画面にも表示されていたが、将来的には、幅広いモバイルコードに対応していこうという心意気で、「Microsoft」を外しているようにも感じられる。というか、他のアプリケーションにも「Microsoft」はついていないので同じ命名規則にしているだけかも。
http://farm4.static.flickr.com/3403/3297678428_e4d64c4e38_m.jpg

今回試用したバージョンはこちら。
http://farm4.static.flickr.com/3292/3299154421_4946c1ef55_m.jpg

ソフトを起動したら、こんな感じで、ファインダーに Microsoft Tag を納めるようにカメラを動かす。
http://farm4.static.flickr.com/3135/3296853689_97eb8998fd_m.jpg

すると、ファインダーに入ったほぼ瞬間に、Microsoft Tag Reader が内容を認識。
下記は、URLの場合だが、即座に Internet Explorer Mobile を起動する。

Microsoft Tag Reader のキモ

そして、その瞬間表示される URLこそが、Microsoft Tag のもっとも特徴的とも言える動きだろう。いったん、http://rs.tag.microsoft.com/ というページにアクセスされるのだ。ここから、Redirect されて、登録したページが表示されるのだ。
http://farm4.static.flickr.com/3374/3297791274_ef8aca4b1d.jpg

このまま選択したページに遷移する。
http://farm4.static.flickr.com/3587/3297678030_0c229450f4_m.jpg

これを見てわかるように、Microsoft Tag では、タグそのものの中に文字情報をたたみ込んでいると言うよりは、タグに含まれる文字は、あくまでもネットワーク上に蓄えられたデータにつけられた、まさに「タグ」でしかないようなのだ。

Free Text も試してみたが、日本語はダメ

ちなみに続いて、Free Text も試してみた。
http://farm4.static.flickr.com/3465/3296855719_5c63a204b0_m.jpg
実際にはこんな感じになってしまいます。
日本語の表示はまだ無理。しかも、長い文章だったら、どう処理していいかよくわからない結果に。この辺がベータ版という感じでしょうか。

vCard も試してみた

vCard も試してみた。こちらは英文字だけを利用するようにして、試してみた。
読み取った瞬間に、こんなダイヤログが現れる。
http://farm4.static.flickr.com/3643/3299154091_26186635bc_m.jpg

こちらを「はい」としてやれば、すぐに連絡先に、vCard の内容が追加される。
これ、確かに便利。

http://farm4.static.flickr.com/3609/3299154181_54eac90380_m.jpg http://farm4.static.flickr.com/3308/3299154311_d52d764d49_m.jpg

ネットワーク接続は必須

というわけで、Microsoft Tag Reader を紹介してきたが、最後に細かい注意点。
この Microsoft Tag Reader だが、ネットワーク接続できないと、タグの値を元に、オリジナルのデータをダウンロードできないため、利用することができない。
それを証明するような操作をしてみよう。

フライトモード時

HT-01Aをフライトモードに設定してみる。
http://farm4.static.flickr.com/3501/3297680386_fcf2fdb1d0_m.jpg

この状態で「Microsoft Tag Reader」を使おうとすると、こんな感じ。
http://farm4.static.flickr.com/3450/3297680964_6d6a37cabb_m.jpg

3G通信不能時

続いて、3G通信のみを有効にし、その 3Gでのデータ接続を禁止する設定にしてみる。アプリケーションからみると、わかりにくい異常系(圏外でもない) だ。
結果は、こんな感じ。
http://farm4.static.flickr.com/3402/3296856319_70b01284f5_m.jpg

このあたりの動作を見てみるにつけ、Microsoft Tag は、QRコードのような自己完結していたタグの世界から、ネットワークに常時接続されることを前提とした、RFIDみたいなタグだと言えるだろう。これが今後普及するかどうかはわからないが、今後の製品にバンバンバンドルして普及を頑張っていただきたいところである。

これは、モバイル用のコードを印刷する出版社や、個人にとってもメリットがある。
従来、QRコードというのは、URLを埋め込んだ場合には、そのアクセス数などから利用度合いを知ることができたが、それ以外では利用されたかどうかを見る方法はなかった。しかし、この Microsoft Tag では標準でこのレポート機能が付属していて、下記のような感じで利用頻度などをチェックすることができるのだ。

http://farm4.static.flickr.com/3479/3300002664_34cdef803c.jpg

おまけ:その他の細かい機能

ネットワーク更新機能

ちなみに Beta 版な、Windows Mobile用 Microsoft Tag Reader だが、すでに、ネットワーク経由の更新機能まで備えている。下記のような感じだ。

http://farm4.static.flickr.com/3569/3297680070_96b5205c5d_m.jpg

設定画面

ほとんど内容を把握できていないが設定画面だ。
http://farm4.static.flickr.com/3623/3296855323_a635dd2a40_m.jpg

クイックメニュー

http://farm4.static.flickr.com/3309/3297678798_3bb5e95b99_m.jpg http://farm4.static.flickr.com/3527/3297678948_feb9c5e763_m.jpg

History / Share 機能

一度読み込んだ Microsoft Tag は、呼び出して再度利用したり、他の友達に送ったりすることができる。これらを表しているのがこのメニューだ。

http://farm4.static.flickr.com/3447/3297679112_9777a35297_m.jpg http://farm4.static.flickr.com/3488/3296854879_2d6443ffb8_m.jpg

http://farm4.static.flickr.com/3363/3296855129_82f1fe8298_m.jpg



ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Sun, 22 Feb 2009 19:14:14 JST (2988d)