使いこなそう/カオティックオリジンダブのシザーケース型バッグはモバイルに最適 - Windows Phone

Top > 使いこなそう > カオティックオリジンダブのシザーケース型バッグはモバイルに最適

使いこなそう/カオティックオリジンダブのシザーケース型バッグはモバイルに最適

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

はじめに

皆さんはPDA、携帯音楽プレーヤー、携帯電話、Windowsケータイをどのように持ち運んでいるのでしょうか?
どれも、使いたいとき、操作したいときにすぐに取り出したいものです。
意外と持ち運びに苦労しているユーザーも多いのではないでしょうか?
今回は筆者がそのバッグ仕様のシザーケースを購入したショップ「レッドアリゲーター」のスタッフのご協力のもとに、バッグメーカー「カオティックオリジンダブ」の最新シザーケース型バッグを「PDA、携帯音楽プレーヤー、携帯電話」ケースとして用い、その使い勝手を報告してみたいと思います。

第2、第3のポケットとして...。

検索エンジンで「シザーケース」、「シザーバッグ」を検索すると、思った以上に多くの検索結果が表示されます。
数年前には、シザーケースやチョークバッグをサブ・バッグとして利用するというブームがありました。
今回、「カオティックオリジンダブ」の最新のシザーケースを使ってみて、ブームとして終焉したというより、淘汰され、さらにデザイン的・機能的に進化して、今に至ったという印象を持ちました。もはや、「シザーケース」、「シザーバッグ」という表現では語りきれない(「ハサミ」を収納するわけではないので...)バッグです。
ということで今回、「シザーケース型バッグ」という表現を使うことにします(カオティックオリジンダブのサイト内では「ワークケース」と表示されています)。
「大きなバッグを持つほどでもない」、「ちょっと出かけるときに」、「ポケットが足りない」。
そう感じたときに気軽に使えるのが「シザーケース型バッグ(ワークケース)」の特徴でしょう。

■「APATO」
筆者が数年前から愛用しているシザーケース型バッグは「APATO(アパト)」というモデルです。
「ナイロン」+「革」+「シルバーの金具」+「革ベルト」という仕様です(現在、金具は「アンティークシルバー」か「アンティークゴールド」の2種類から選ぶことができます。また、革ベルトも幅15mmから18mmへと仕様変更がなされています)。
このバッグにCREATIVEの「ZEN VISION」とRHODIAの「ブロックメモ」通称No.11とラミーのペンと携帯電話を入れて、ウエストに革ベルトで巻きつけるように取り付けています。

http://farm2.static.flickr.com/1022/1239748453_174e9939c4.jpg

「APATO」には収納ポケットが4つあるため、重宝しています。
本体素材は「革」・「ナイロン」・「帆布(裏地に防水加工が施されています)」から色を指定、革パーツは「牛革」から色を指定できます。
シザーケースの場合の型番は「108」となります。
画像ではZEN VISION、ブロックメモ、携帯電話がバッグからはみ出しているように見えまが、これは撮影のために各製品をバッグから少し抜き出しています。実際にはZEN VISION、ブロックメモ、携帯電話は完全にバッグの中に収納されます。
・サイズは「タテ:18cm * ヨコ:17cm * マチ:4cm」、重さ「150g」
・税込価格:\12,390から

■「SAURO」
美容師向けの普及したシザーケースに一番近いデザインの「SAURO(サウロ)」という「シザーケース型バッグ」です。
「APATO」同様、本体素材は「革」・「ナイロン」・「帆布(裏地に防水加工が施されています)」から色を指定、革パーツは「牛革」から色を指定できます。

http://farm2.static.flickr.com/1423/1240614166_e915f4838d.jpg

収納ポケットは2つです。本体手前のベルトは本来美容師がダッカール(毛束を止めるためのクリップ)というクリップを挟むためにあるのですが、「シザーケース型バッグ」の場合、手元を見ないでモノを入れようとするとこの部分をポケットと勘違いして、落としてしまうことがあるので注意が必要です。
シザーケースの場合の型番は「103」となります。
・サイズは「タテ:20cm * ヨコ:15cm * マチ:3.5cm」、重さ「170g」
・税込価格:\9,975から

■「UNKILL」
今回、レビュー作成のためにお借りした「UNKILL(アンキル)」という「シザーケース型バッグ」です。
このバッグにiPAQ SLIMキーボードを装着した「iPAQ3780」とRHODIAの「ブロックメモ」と携帯電話を入れて撮影してみました。
本体素材は「革」・「ナイロン」・「帆布(裏地に防水加工が施されています)」から色を指定、革パーツは「牛革」から色を指定できます。

http://farm2.static.flickr.com/1118/1240614294_6bdb207465.jpg

無駄な部分がなく、収納ポケットは4つ。一番の手前のポケットにはジッパーが付いています。
画像ではiPAQ3780、ブロックメモ、携帯電話がバッグからはみ出しているように見えまが、これは撮影のためにバッグから少し抜き出しています。実際にはiPAQ3780、ブロックメモ、携帯電話が完全にバッグの中に収納されます。
・サイズは「タテ:20cm * ヨコ:19cm * マチ:3.5cm」、重さ「140g」
・税込価格:\11,000から

■「SAURO baby-i」
「baby-i」の「i」は「iPod」の「i」を意味するそうです。
前出の「SAURO」を「iPod」にちょうどいい大きさに加工した「シザーケース型バッグ」です。
iPod"型番:MA079J(2005年発売の第4世代iPodカラー液晶モデル)"のサイズに合わせて作られています。

http://farm2.static.flickr.com/1334/1239748885_18342ecafd.jpg

上の画像ではiPodがバッグからはみ出しているように見えまが、これはiPodをバッグに収納するイメージを撮影するためにiPodをバッグから少し抜き出しました。、実際にはiPodが完全にバッグの中に収納されます。
カラビナでパンツのベルトループにぶら下げたり、他のバッグに取り付けたりすることが可能です。

http://farm2.static.flickr.com/1328/1240613772_168aa22a97.jpg

上の画像はカラーヴァリエーション・サンプルです。
本体素材は「革」・「ナイロン」・「帆布」から色を指定、革パーツは「牛革」から色を指定できます。ステッチの色の選択も可能です。
・サイズは「タテ:13cm * ヨコ:10cm * マチ:1.5cm」、重さ「120g(うちカラビナ30g)」
・税込価格:\5,500から

■「504-baby」
革のシザーケース「504」を携帯電話ケース用に小さくした「504-baby」。
カラビナでパンツのベルトループにぶら下げたり、他のバッグに取り付けたりすることが可能です。
http://farm2.static.flickr.com/1189/1239748113_839874cc54.jpg

\7,350(税込み)とやや高めの価格ですが、素材は「牛革」です。
本体カラー、フロントカバーのカラーを自分の好きな革の色にカスタマイズすることが可能です。

さて、フロントカバーが180度回転し、蓋となる独特のデザインと機能に携帯電話ケース以上の意外な用途があります。
ケースの底の部分に革を曲げる加工を施す際にできる「穴」があります。ヘッドホン端子が底部にある携帯音楽プレーヤーでもここからヘッドホンケーブルを出すことができます。
フロントカバーを蓋にしても、比較的簡単に収納したものを取り出すことができます。
http://farm2.static.flickr.com/1003/1239748279_4209031ba6.jpg

サイズから判断すると、HDD搭載対応の携帯音楽プレーヤーの収納は少し難しいでが、内蔵フラッシュメモリータイプの携帯音楽プレーヤーならほぼ収納可能と思います。
ソニー・エリクソンの携帯電話「A1402SII(折りたたみ時、約8.9cm×4.7cm×2.3cm」を入れて撮影してみました。
先日、筆者はジーンズの後ろポケットに薄型の携帯電話を入れたまま椅子に座ってしまい、圧力で携帯電話の液晶を破損させてしまいました。 早速、購入して使っています。
・サイズは内寸:「タテ:約9cm(12cmまで収納可能) * ヨコ:約5.5cm * マチ:約2.5cm」、外寸「タテ:13.5cm * ヨコ:8cm * マチ:3.5cm」、重さ「90g(うちカラビナ30g)」
・税込価格:\7,350から

終わりに

カオティックオリジンダブの商品はシザーバッグという枠を超え、洗練されたデザインの商品を日本の工房で一品一品、手作業で丁寧に作り上げています。
価格面からするとPDAや携帯音楽プレーヤーより高くなる商品もありますが、素材・色のカスタマイズを行うことができるため、自分のスタイルに合った「シザーケース型バッグ(ワークケース)」を創ることができるので、ちょっとワークケースにも「こだわりたい」というユーザーにお薦めです。

カオティックオリジンダブの商品の場合、「シザーケース」と「シザーケース型バッグ(ワークケース)」の違いは、「ハサミを入れるホルダーがあるかないか」、「掃除をしやすいように底の部分が閉じていないか、袋状に閉じているか」という点にあります。
また、シザーケースを「シザーケース型バッグ(ワークケース)」に仕様変更すると、シザーホルダー部分の加工等、通常のバッグの機能に必要の無い部品加工がなくなるため、価格ではシザーケースより安くなります。

カオティックオリジンダブはシザーケース、シザーケース型バッグだけでなく、斬新でしかも機能的なデザインのバッグも作っています。今、注目されているブランドです。

今回紹介した商品のうちカオティックオリジンダブのWEBカタログ上にないモノもありますが、製作は可能ですので、詳細は「レッドアリゲーター」、「カオティックオリジンダブ」のスタッフにお訊ねください。
「カオティックオリジンダブ」新宿ルミネ店、「レッドアリゲーター」にはカタログに載っていない商品・限定商品がおいてありますので、お近くの方は「入れたいPDA、携帯音楽プレーヤー、携帯電話」をショップへ持ち込んで、確認するのもいいかもしれませんね。
各ショップとも店頭にある商品を買うことも可能ですし、カスタマイズ・オーダーも可能です(カスタマイズする場合は製作に時間を要しますのでご注意ください)。

なお、電話にて「使用しているPDA、携帯音楽プレーヤー、Windowsケータイ」を収納できるかどうか確認したい場合は、機器のサイズ(高さ・幅・奥行き)を確認のうえ、連絡をしていただきたいと思います。

今回、レビューを作成するに当たり、「レッドアリゲーター」のスタッフ、「カオティックオリジンダブ」のスタッフに画像・情報の提供、ご協力をいただきました。

・レッドアリゲーターのサイト(神戸にあるバッグショップ。カタログによる販売も行っています)
http://www.in-red.net/
・カオティックオリジンダブのサイト(新宿ルミネに直営店があります)
http://www.chaotic-o-d.co.jp/
・カオティックオリジンダブのWEB SHOP(カオティック・ストア)
http://www.chaotic-store.com/


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Fri, 31 Aug 2007 12:34:09 JST (3758d)