ニュース/2008.05.27 ウィルコムフォーラム&エキスポ開催 - Windows Phone

Top > ニュース > 2008.05.27 ウィルコムフォーラム&エキスポ開催

ニュース/2008.05.27 ウィルコムフォーラム&エキスポ開催

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

開催初日はウィルコム喜久川氏による基調講演を実施

昨日、東京・六本木の東京ミッドタウンで Windows Mobile 6.1 Classic 日本語版搭載の次世代 Windows ケータイ「WILLCOM 03」の発表を行ったばかりのウィルコム。同社のソリューションを紹介するイベント“WILLCOM FORUM & EXPO 2008”が、同じ東京ミッドタウンで本日より開幕した。イベントは明日 28 日も行われる。

http://farm3.static.flickr.com/2175/2527259999_1d1fb77efa_m.jpg http://farm3.static.flickr.com/2145/2528079894_718a599d23_m.jpg

イベント初日となる本日は、代表取締役社長の喜久川政樹氏による基調講演“WILLCOM to the Next ウィルコムの提案するワイヤレス・ブロードバンドの世界”が行われた。喜久川氏は講演の冒頭で、飽和していく市場の中でも成長できる商品の投入、世界をターゲットにしたオープンプラットホーム、(東京に一極集中化している) デジタルディバイド解消への寄与、新たな BB 市場の開拓など、市場の閉塞感を払拭するための取り組みを行っていくと力強くアピールした。

http://farm3.static.flickr.com/2322/2527260817_e68d11788d_m.jpg http://farm4.static.flickr.com/3133/2527261293_3b102a7307_m.jpg

また、喜久川氏は先日の発表会同様に (独自の進化をしたことで世界では通用しなくなった) 「ガラパゴス・ケータイ」は目指さないとコメントし、“生活密着型”“次世代へ繋がる端末”“スマートフォン”の 3 つを、今後の同社の大きな軸としていくと説明。「WILLCOM D4」(=次世代に繋がる高機能な端末) のような、日常的にインターネットを利用でき、なおかつ世界的に標準化された技術 (汎用性の高い OS など) によって高機能化された製品が、こうした方向性を具体的に示す次世代へとつながる製品であると語った。このほかにも喜久川氏からは、“生活密着型”の進化である「モバイル Felica」への対応や、“スマートフォン”の進化系である「WILLCOM 03」の特徴、機能に関する説明が行われた。

http://farm4.static.flickr.com/3293/2528081094_94f39c390c_m.jpg http://farm3.static.flickr.com/2045/2527262175_125b1b6f56_m.jpg

講演では、次世代 PHS に向けた動きや、現行世代の PHS の現状に関しても説明が行われた。喜久川氏によると、現在中国の中国網通と共同で W-SIM の海外向けインターフェースの共同開発が進められているほか、海外ベンダーによる GSM 版 W-SIM が開発中で、GSM 版に関してはすでに試作機のレベルで動作しているとのこと。また、現行世代の PHS に関しては引き続き高速化の研究が進められており、既存の 16 万基地局の ISDN 回線を IP (光ファイバー) 化することで、2008 年には 800kbps に到達することも明らかにされた (現在は W-OAM TypeG で 512kbps) 。

WILLCOM 03 と D4 に人気が集まった展示ブース

同イベントでは、フォーラムと合わせてウィルコムの最新プロダクトや、プロダクトを活用したビジネス向けソリューションなどを展示するエキスポも行われた。エキスポ会場では、やはりメインとなっていたのは、「WILLCOM D4」や「WILLCOM 03」など、発売を控えた新製品。両製品に関しては会場中央に大きな展示スペースが設けられ、タッチ & トライを待つ来場者が長蛇の列を作っていた。

http://farm3.static.flickr.com/2057/2527262543_0a0fa69f0d_m.jpg http://farm3.static.flickr.com/2282/2528082330_efb834750f_m.jpg

今回のイベントは事前登録制で行われているため、期間中に行われるセッションやエキスポでの展示を一般の人々が見ることはできないが、イベント会場となった東京ミッドタウン内の“アトリウム”(B1F) には、一般の人々も「WILLCOM D4」や「WILLCOM 03」の実機に触れられる“Touch & Try 特設会場”が設けられている。明日 28 日も、11 時から 18 時 30 分までオープンしているので、興味を持たれた方はそちらを訪れてみると良いだろう。

http://farm4.static.flickr.com/3123/2528082648_6602aa2e9f_m.jpg http://farm4.static.flickr.com/3005/2528082904_9624c04a08_m.jpg


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Tue, 27 May 2008 22:53:07 JST (3374d)