イベント/2010.03.31 KDDI新商品発表会レポート - Windows Phone

Top > イベント > 2010.03.31 KDDI新商品発表会レポート

イベント/2010.03.31 KDDI新商品発表会レポート

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

http://farm5.static.flickr.com/4059/4475008285_a8d459c9c6.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4011/4475796170_743e439d2a.jpg

2010年3月30日(火)、KDDIによる新商品発表会が行なわれた。すでにでまとめサイトなどで紹介したとおり、新たなWindows phone「IS02」や同社初のAndroidケータイ「IS01」などが発表された今回の発表会。その模様を簡単に紹介する。

IS02まとめサイト
http://is02.windows-keitai.com/

開催概要

  • 日時:2010年3月30日(火) 11:00~
  • 場所:ザ・プリンスパークタワー東京

新商品プレゼンテーション

まず登壇したのはKDDI取締役執行役員常務 コンシューマ商品統括本部長の高橋誠氏。氏は今回発表するスマートフォンのキーワードをは人と人のつながりを示す「Share」であると説明。そしてそのブランドネームを「私(I)が私たち(IS)に出会う場所」ということから「IS series」としたこと、コンセプトはオープンプラットフォーム端末のよさとケータイのよさを組み合わせたものであることを明かした。
http://farm5.static.flickr.com/4066/4475013571_7f9b38b840.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4020/4475009227_c05b5221a6.jpg

今回発表された2端末のうち、先に紹介されたのはシャープ製のAnrdoidケータイ「IS01」。こちらの端末はネットブックとスマートフォンのちょうど中間くらいに位置する、「スマートブック」。その特徴として以下のような要素が挙げられた。

  • 深沢直人氏による、高級感のあるデザイン
  • カード型デザインを採用した、気持ちよく使えるUI
  • 5.0インチの大画面液晶
  • 押しやすさにこだわったQWERTYキーボード
  • Androidケータイ初対応のセカイカメラ(オリジナルエアタグを提供予定)
    http://farm5.static.flickr.com/4068/4475786316_fb64a3cc52.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2723/4475786538_fe1c659172.jpg
    http://farm5.static.flickr.com/4043/4475786440_2f747f4f4b.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2704/4475786810_951d05f43e.jpg

また高橋氏はただのスマートフォンではなく、auらしさを提供すると説明。ワンセグや赤外線(ともに日本初)、EZwebメール、デコメール、au oneナビウォーク、LISMO!(9月以降)などのアプリにも対応予定であることを明かした。さらに同社では日本語のオススメアプリを配信するための「au one Market」を展開し、Androidマーケットと合わせて約30,000アプリを提供する予定だという。
http://farm5.static.flickr.com/4055/4475788282_4ef6dcea71.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4041/4475788990_7e4efff5d6.jpg

なおAndroidケータイは第2弾も構想中だそうで、2台目需要向けだったIS01と違い、こちらはFelicaにも対応した、ケータイとスマートフォンのいいところを引き継いだ端末になるそうだ。
 
続いてWindows phoneであるIS02も紹介された。こちらの特徴として語られたのは以下のとおり。

  • 日本初のWindows Mobile 6.5.3搭載
  • 4.1インチの有機ELパネル搭載
  • スライドQWERTYキーボード採用として世界最薄(厚さ12.9mm)
    http://farm5.static.flickr.com/4006/4475012593_0c4559810f.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4033/4475789436_22d34239a5.jpg

なお、これらの端末発売に伴って、同社では2010年6~9月にIS seriesを購入した人を対象に、ISデビュー割という割引キャンペーンを実施。この対象者は、2台目であるIS seriesの基本料金にあたるプランEシンプル+誰でも割(715円)とIS series用の接続サービス「IS NET」(315円)がともに2年間無料になる。

http://farm5.static.flickr.com/4007/4475789754_10d01d591f.jpg

ゲスト挨拶

続いてステージには米Google社のダニエル アレグレ氏が登壇。KDDIの力によって新しいAndroid端末が登場し、さらに日本のユーザーに満足してもらえるものに仕上がったことに対するよろこびを語った。

http://farm3.static.flickr.com/2773/4475013303_4969dfe161.jpg

質疑応答

Q.両端末とも2台目需要を想定しているようだが、コンシューマ市場規模はどれくらい考えている?
A.具体的な数字は言えない。

Q.IS01のUI開発はどういう役割分担でできたのか? また今後、ほかの端末にも使われるような展開はあるのか?
A.UIはocean observationsという会社とともに制作した。現在のもので完成ではなく、今後さらにいいものにしていく予定。ほかの端末への展開もあるかもしれないが、メーカーさん次第の部分もある。

Q.販売チャネルでのサポートはどのように考えている? 旗艦店のようなものは作るのか?
A.販売店からのスマートフォンに対する期待を強く感じている。手厚くサポートする予定だ。
(編注:両端末ともに3月31日(水)から原宿にあるKDDIデザイニングスタジオで展示が行なわれている。またIS01は4月初旬以降、IS02は4月下旬以降に同所に実機が展示される予定となっている)

Q.Androidマーケットとau one marketの住み分けと、後者の開発サポートはどのように考えているか。
A.どちらかのマーケットを選ぶというものではなく、お互いにシームレスに行き来できるようなものにする。また開発会社はKDDI、Googleの両方でサポートしていく予定。

Q.IS seriesにおけるOS戦略を教えてください。
A.当面ははAndroidをメインとして考えている。とは言えWindows Mobileを排除するつもりはない。

Q.(スマートフォン以外の)通常ケータイとの住み分けについてどう考えているか。
A.段階的にIS seriesを拡大していきたいとは考えているが、お客様の動向、ニーズ次第で、自然に住み分けができるのでは。

Q.端末の価格は?
A.具体的には言えない。ただし、求めやすいものにしたいとは考えている。

Q.日本の独自機能を増やすと、オープンプラットフォームでのOSのバージョンアップに対応できない、もしくは遅れが出るのでは?
A.キャリア独自の機能をどんどん増やそうという気はない。必要なものだけをコンパクトにまとめ、OSのバージョンアップに遅れないようにする。

Q.(たとえばEZナビウォークなど)独自機能が海外キャリアでも使えるようになるのか?
A.そういったことは十分に考えられる。もしそうなればauとしても開発会社をサポートしていきたい。


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Wed, 31 Mar 2010 16:11:16 JST (2644d)