イベント/2009.11.12 Windows Phone 戦略説明会/説明会レポート - Windows Phone

イベント/2009.11.12 Windows Phone 戦略説明会/説明会レポート

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

説明会レポート

Windows Mobile 6.5に関する説明

マイクロソフト 堂山氏の挨拶

説明会の冒頭では、マイクロソフト株式会社代表執行役副社長 コンシューマ&オンライン事業部担当の堂山昌司氏が、挨拶を行なった。今回の説明会は、Windows Mobile 6.5の概要についてではなく、さらに具体的にコンテンツやアプリに関する話をしたい、と趣旨を説明。その前提として、伸び悩んでいる携帯電話市場のなかで、インターフェース、テクノロジーの両面で進化しているスマートフォンは順調に拡大していることをアピール。2009年は全世界で1億9700万台を出荷するが、2012年には3億5000万台まで伸ばすと展望を語った。加えて、今後のビジョンとしては携帯電話とPC、テレビという3つのスクリーンを連携させ、それらを包括するクラウドサービスを展開。そしてこれまでビジネス向けだと思われがちだったスマートフォンを、Windows Mobile 6.5のリリースを形式に一般の方々へアプローチしたい、と語った。

http://farm3.static.flickr.com/2673/4097904086_d173a35c11.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2803/4097904192_140a9d075e.jpg
 
http://farm3.static.flickr.com/2598/4097146919_3f91c27268.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2715/4097146951_17e49b96d8.jpg

マイクロソフト 越川氏による説明

次に登壇したマイクロソフト株式会社コンシューマー&オンライン マーケティング本部モバイルコミュニケーション本部 本部長の越川慎司氏はWindows Mobile 6.5の概要の説明とデモを行なった。
Windows Mobile 6.5は開発チームを日本に呼び、ユーザーの声を聞いてでき上がったものだそう。そのためUIのアイコンのサイズや、ロック画面でも着信の有無が確認できる点など、使いやすさが向上しているという。

http://farm3.static.flickr.com/2654/4097904360_0920f7a0a0.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2645/4097904382_3e10ab4747.jpg
 
http://farm3.static.flickr.com/2756/4097904432_eeaafe1807.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2709/4097904590_1c9efd4811.jpg

Windows Mobile 6.5のリリースとともに正式に開始される、クラウドサービス「My Phone」についても紹介された。このサービスは、端末内の写真や音楽、電話帳などのコンテンツをバックアップでき、200MBの無償のWeb上のストレージにバックアップできるというもの。さらにデモでは、知り合いとブログやSNSなどを通じて簡単に共有できる様子が示された。

http://farm3.static.flickr.com/2690/4097904494_01dacc4e5b.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2739/4097147493_b679e60218.jpg
 
http://farm3.static.flickr.com/2683/4097147649_f7b2af8219.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2649/4097147849_6ae09f1beb.jpg

もうひとつの新しいサービスがアプリストアの「Windows Marketplace for Mobile」。PCや端末内からアプリをダウンロードでき、ダウンロードしたアプリは上記のクラウド上に置かれ、次の端末起動時にインストールされるという仕組みだ。デモによると、アプリのインストール完了までは20~30秒程度、3回タップする程度の手軽さだった。

http://farm3.static.flickr.com/2514/4097147917_7e01943124.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2589/4097905266_8d45a9370b.jpg

ラウンチパートナー紹介

続いて「Windows Marketplace for Mobile」に関わるコンテンツメーカーの代表者が登場した。

カプコン 手塚氏

株式会社カプコン開発統括本部MC開発部長の手塚武氏によると、同社がリリースする作品は、2008年に公開されたフルCG映画『バイオハザード ディジェネレーション』をゲーム化したもの。スマートフォンを“携帯よりもパワフルで、PCよりもフレンドリー”と評し、今後もゲーム開発に注力したいという考えを披露した。

http://farm3.static.flickr.com/2635/4097905522_2437a6d33b.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2732/4097905636_33e0d6c01b.jpg
 
http://farm3.static.flickr.com/2624/4097148495_bd73d652e2.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2696/4097148301_349d9d1317.jpg

コナミデジタルエンタテインメント 上原氏

株式会社コナミデジタルエンタテインメント執行役員でネット事業統括の上原和彦氏によると、同社は6本のタイトルをリリースする予定。ラインナップは、別のプラットフォームで配信された無料体験版では、1か月で100万ダウンロードを記録したという『ダンスダンスレボリューション』シリーズの最新作『S』や、『パワフルプロ野球』、『グラディウスII』、『ツインビー』、『ナンプレ』、『ソリティア』など人気作品から定番のミニゲームまで幅広い。

http://farm3.static.flickr.com/2712/4097905882_81b7052d14.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2560/4097148757_ec26bedb68.jpg

プロペ 中氏

プロペ代表取締役社長の中裕司氏は、完全新作となるゲーム『IVY THE KIWI?』を発表した。この作品は自動で前進するアイヴィというキャラクターをゴールへと導くアクションゲーム。プレイヤーができるのは、タッチ操作で画面内に引けるツタを使うのみ。
このスマートフォンらしい独特の操作について、中氏は「最初はなれない操作に戸惑うかも。しかしアクションゲームにおいて重要な上達する楽しさは十分にある」とコメント。また、タイトルの最後に“?”とあることについては、「理由は最後までプレイすればわかる。ぜひ多くの人にプレイしてほしい」とのことだ。

http://farm3.static.flickr.com/2521/4097149487_137b1d91e1.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2715/4097148949_8d86abf641.jpg
 
http://farm3.static.flickr.com/2643/4097149081_13d0eae0f7.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2604/4097906540_8bd8a05828.jpg

レコチョク 今野氏

ゲーム以外の分野からも、「Windows Marketplace for Mobile」へ参入する会社が発表された。レコチョクは携帯向けの音楽配信サービスを行なう会社。その代表取締役である今野敏博氏は、音楽情報ウィジェットを提供することを発表。このウィジェットでは、ランキングや音楽関連ニュースなどが見られるという。

http://farm3.static.flickr.com/2544/4097906758_b4d0d3fb42.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2757/4097906896_4fed40db3f.jpg

集英社 鳥嶋氏

最後に登場したのは集英社常務取締役の鳥嶋和彦氏。同社が「Windows Marketplace for Mobile」で配信するのは、週刊少年ジャンプで連載されていたマンガ。その第一弾は、氏も関わった『ドラゴンボール』だ。
今回のマイクロソフトとの提携については、かねてからの懸案だった“世界中の人に”、“著作権にも配慮して”リーチするためのものとのこと。あとで話を伺ったところ、まずは日本語と英語の2バージョンで試験的に配信する予定だそうだ。

http://farm3.static.flickr.com/2519/4097907130_251d771971.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2746/4097907244_dc73bc5ec9.jpg

質疑応答

説明会がひと通り終了したあと、マイクロソフトの堂山氏、越川氏による質疑応答が行なわれた。

Q.先行するiPhoneのApp Storeと差別化するためのWindows Marketplace for Mobileのコンセプト、方針は?
A.Windows Marketplace for Mobileでは数を追求するということは考えてない。すでに全世界でWindows Mobile向けに数万アプリあるが、すべてを載せるというわけではない。一般ユーザーの配信を控えてもらうということではないが、厳選された高品質なものを提供したい。

Q.iPhoneやAndroidといったほかのスマートフォンに比べた、Windows Mobileまらではの強みは?
A.ユーザー視点では、さまざまなキャリア、端末から利用できる点。ビジネス的には、今日紹介したようなパートナーとのエコシステムで、マイクロソフトなら世界中に発信しやすいという点が、アドバンテージのひとつになると思う。

Q.「My Phone」の莫大なデータを置けるサーバはマイクロソフトだけができることで、アップルにはできないと考えている?
A.こうしたインフラも重要な要素のひとつ。こういったサービスをさまざまな場所に提供できるのも我々の強み。アップルさんができるかどうかは知りませんが……。

Q.パートナーとは独占契約?
A.ケースバイケース。コンテンツによってはマイクロソフトからだけというのもあるし、ほかのプラットフォームから提供されるものもある。

http://farm3.static.flickr.com/2761/4097907366_5aba07a101.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2601/4097150203_a0ee6bb225.jpg


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Thu, 12 Nov 2009 21:52:59 JST (2840d)