イベント/2009.11.12 Windows Phone 戦略説明会/展示物レポート - Windows Phone

イベント/2009.11.12 Windows Phone 戦略説明会/展示物レポート

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

展示物レポート

Windows Mobile 6.5 搭載端末

会場入口にはWindows Mobile 6.5を搭載する端末がズラリ

http://farm3.static.flickr.com/2531/4097145907_4c49a23229.jpg

なかでも昨日発表されたばかりのHYBLID W-ZERO3(WS027SH)は起動こそできなかったが、注目を集めていた。右はおなじみのT-01A。先日、12月にWindows Mobile 6.5へのアップグレードが行なわれることが発表されている

http://farm3.static.flickr.com/2670/4097145927_0b2ba5d75c.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2751/4097145969_a2bac75201.jpg

ソフトバンクモバイルのX02TとX01SC(左)と、NTTドコモのSC-01B(右)
http://farm3.static.flickr.com/2450/4097145887_841f3326c7.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2442/4097146001_fd561f5d25.jpg

富士通による法人向けバーコードリーダー搭載端末(左)と、トプコンによる業務用機器(右)
http://farm3.static.flickr.com/2560/4097145845_b1e5f25e87.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2568/4097903202_36fc7168e9.jpg

パートナー企業による展示

「Windows Marketplace for Mobile」に参入するパートナー企業の展示をご紹介。ちなみにWindows Mobileだと端末ごとの解像度の違いが問題になりそうだが、その対応はゲームメーカーのうちいくつかは検討中の段階で、集英社はそれぞれのサイズに合わせて用意するかも、とのことだった

おもなゲームメーカー&集英社

  • プロペ
    今回、完全新作ということで注目度が高かった『IVY THE KIWI?』。前進し続けるアイヴィというキャラクターを、ゴールへと導くアクションゲーム。スタイラスや指などで画面をタッチすることで画面内にツタを引くことができ、これを使ってアイヴィを誘導する。全50ステージ

http://farm3.static.flickr.com/2554/4097150295_8e1c94ce03.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2541/4097907724_e3a060ec45.jpg

これがプレイしてみると、当初は結構大変。ツタに挟まれてアイヴィが右往左往したり、アイヴィが登りきれないほど高いツタの坂を作ってしまったり……しかしプレイを続けるとふとコツが掴めて、アイヴィをうまく操れるようになってなかなか楽しい。とりあえず現在のところはWindows Phoneだけに展開する予定。「Windows Marketplace for Mobile」のローンチタイトルとして配信するそうなので、アクションゲーム好きはぜひ試してほしい

  • コナミデジタルエンタテインメント
    世界中で人気のリズムアクション『ダンスダンスレボリューション』はオリジナル作品『S』で、新曲も収録される。ほかにも『ツインビー』や『グラディウスII』がプレイできた。ちなみにこれらの作品はすべて日本だけでなく北米でも配信される。

http://farm3.static.flickr.com/2727/4097903684_115740ed22.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2600/4097903662_c3693d12b5.jpg

  • カプコン
    『バイオハザード ディジェネレーション』は、3D空間内で武器などを使いながら探索するというのは従来の『バイオ』シリーズ同様。ただし操作は特殊で、移動を左下にあるスティックで行ない、その上部にあるアクションボタン(扉を開く、銃を撃つ、ナイフを振るなど)を押して行なう。ただし開発度としてはまだ40%程度らしく、今後さらに進化するそうだ

http://farm3.static.flickr.com/2729/4097903836_eb8d217bd9.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2683/4097903722_70072b7395.jpg

  • 集英社
    マンガの携帯による海外展開の第一弾に選ばれたのは『ドラゴンボール』。タップするごとに1コマずつ進むという、シンプルなスタイルだった

http://farm3.static.flickr.com/2435/4097146201_13650b82e4.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2594/4097146105_aebdacb0bb.jpg

とりあえず『ドラゴンボール』の無料サンプル版を試験的に配信して、ボリュームや値段などを検討し、その後は週刊少年ジャンプのほかの作品(『NARUTO』や『BLEACH』といったタイトルが挙げられた)も展開したいとのこと。ちなみにほかのジャンルのマンガや雑誌などではレーティングの問題があるため、当初は週刊少年ジャンプ作品を選んだという

その他

その他のパートナー企業にも、有名どころが揃っているが、なかでも注目なのが、アプリックスという企業のソリューションで、iアプリのゲームをWindows Phone向けに変換できる。適切な調整(UIなど)が済んでさえいれば、数十秒で移植できるという。直接参入するというわけではないが、多くの企業の参入支援となりそうだ

http://farm3.static.flickr.com/2754/4097908452_e3cf6ae673.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2633/4097151239_0f8d3c68a9.jpg

もうひとつユニークだったのが、ハドソンの『高橋名人の冒険島』。ファミコンで発売されたアクションゲームの移植作品で、ジャンプボタンが画面内の↑キーに、斧は自動連射などWindows Phone向けに調整されているが、ゲーム中にも縦画面と横画面をゲーム中にも切り替えられることに少し驚いた

http://farm3.static.flickr.com/2722/4097909160_1f72205a5a.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2488/4097151759_a3dbc5c49b.jpg

セガ(『ガチンコ☆ベースボール』、『ぷよぷよフィーバー TOUCH』、『ベアナックル モバイル』)やタイトー(『パズルボブル』)も参入する。『ベアナックル』とは渋い選択と思ったが、上記アプリックス導入のために適切なアプリだったそうだ

http://farm3.static.flickr.com/2588/4097907784_da460f99f3.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2527/4097909368_421c4e4604.jpg

パズルゲームの金字塔『上海』を擁するサン電子、三文堂ブランドで多数のFlashゲームをモバイル向けに展開するライブウェアも、それぞれのコンテンツを投入する

http://farm3.static.flickr.com/2442/4097908310_8aa7b4073d.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2721/4097908812_4892762acf.jpg

ゲーム以外のコンテンツも多数。ケータイ電子コミックではNTTソルマーレ、イーブックイニシアティブジャパンの2社が展示していた

http://farm3.static.flickr.com/2502/4097907998_3363de5944.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2629/4097150871_8d1ebb4f02.jpg

またリクルートからはグルメサイトのフームーを観られるアプリが、イーストからはWillcom 03に標準搭載されていた辞書ソフト「ジーニアスMX」が登場する

http://farm3.static.flickr.com/2557/4097909268_f7ccc95dda.jpghttp://farm3.static.flickr.com/2647/4097908382_ea3e1a9852.jpg


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Thu, 12 Nov 2009 23:56:14 JST (2927d)