イベント/2008.11.05 NTTドコモ新シリーズ・新商品発表会レポート - Windows Phone

Top > イベント > 2008.11.05 NTTドコモ新シリーズ・新商品発表会レポート

イベント/2008.11.05 NTTドコモ新シリーズ・新商品発表会レポート

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

http://farm4.static.flickr.com/3212/3004371115_8a808defdf_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3043/3005125272_a263700af0_o.jpg

2008年11月5日(水)、NTTドコモが新シリーズ・新商品に関する発表会を開催した。
ここではその詳細をお伝えする。

開催概要

日時:11月5日(水)14:00~
場所:グランドハイアット東京

発表会内容

プレゼンテーション

端末の具体的な発表に先立ち、NTTドコモ代表取締役社長・山田隆持氏が今回紹介する端末について概要を説明。これまでの90x、70xと機能ごとに分かれていたシリーズを、新たにライフスタイル、ケータイの使い方によって4つのシリーズに分けることを明らかにした。同社では、これらにカンタン携帯「らくらくホン」を加えた、5つのシリーズを今後展開していくという。

http://farm4.static.flickr.com/3035/3004290445_3e1a030c69_o.jpg

端末紹介

発表会では、新たに4つに分けられたシリーズごとに紹介された。そのなかでWindowsケータイが発表されたのはdocomo PRO series。NTTドコモプロダクト部の鍋谷大介氏は同シリーズを「携帯電話の進化を真っ先に感じたい人」向けのシリーズと紹介。その特徴を

・最先端の機能やサービスを楽しめる
・最新のサービスをデザインでも表現している
・会社のメールと携帯の連携、自宅のPCと携帯の連携など、デジタルツールとして使える

と説明した。

http://farm4.static.flickr.com/3044/3004289955_db0eee9eb6_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3201/3004289995_ee74fd2efa_o.jpg

今回発表されたWindowsケータイは「HT-01A」(11~12月発売予定・写真左)と「HT-02A」(12~1月発売予定・写真右)のふたつ。どちらも型番からわかるとおりHTC製で、前者がタッチパネルとQWERTYキーボード、後者がタッチパネルのみで操作することになる。なお、どちらもFOMA High Speed(下り最大7.2bps)に対応している。

http://farm4.static.flickr.com/3226/3004039089_4955334757_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3242/3004894622_c4954c12a2_o.jpg

上記2端末のほか、同シリーズ内で紹介されたのは3機種。Windows Mobile搭載機ではないもののタッチパネルとキーボードを備え、i-modeも使える「SH-04A」、事前に発表されていた世界中で使われている「BlackBerry Bold」、小型の「Nokia E21」だ。

http://farm4.static.flickr.com/3212/3004371115_8a808defdf_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3225/3004290209_288011128c_o.jpg

このほかに発表されたのは、デザイン性に優れたdocomo STYLE series6種類、エンターテイメント機能を満載したハイスペックなdocomo PRIME series7種類、ビジネスにも使えるスタイリッシュなdocomo SMART seriesシリーズ4種類を紹介。合計22種類の端末が紹介された。

http://farm4.static.flickr.com/3200/3004289115_781b539a5f_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3175/3005124192_444f6b8b10_o.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3014/3004289657_dabb0a80e8_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3158/3004290373_154c80aab0_o.jpg

続いて、NTTドコモ執行役員プロダクト部長・永田清人氏が3つの新サービスを発表。
端末内のキャラクターが携帯の使用をサポートしてくれる「iコンシェル」、待ち受け画面に最大8つまでのアプリをカスタマイズができる「iウィジェット」、複数人でアプリを同時に楽しめる「iアプリオンライン」が紹介された。

http://farm4.static.flickr.com/3180/3004290589_2269657402_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3026/3004290265_8fba2f8ea2_o.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3201/3004290305_6f243d6288_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3184/3005125166_6d42b7579f_o.jpg
http://farm4.static.flickr.com/3072/3004290353_f4d48e95e0_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3296/3004290403_b3fdc7c853_o.jpg

すべての発表の終了後、ふたたび山田氏が登場。「今回発表したのは、ドコモが自信を持って提供する携帯。これからもお客さんの期待に応え、その期待も超えるような携帯を出したい」と語り、発表会は終了した。

質疑応答

発表終了後、プレス向けの質疑応答が行なわれた。
以下にその内容を列挙するが、気になるのは「ソニー・エリクソンの端末は出ないのか?」という質問。今後、海外で販売されているスマートフォン(XPERIA X1?)を展開させる可能性を匂わせていた。

http://farm4.static.flickr.com/3140/3005125416_0d15e82e42_o.jpg

Q.新しい型番の最後についているAとは何ですか?
A.型番はメーカー名+通番+発売年度。Aなら1年目など、年度を識別するもの。

Q.型番の変更による販売店の売り方は変わるのか?
A.今までは90xと70xで分けていたが、これからはシリーズごとに分ける。また、4つのシリーズのどれに適しているかを判断するツールも用意している。

Q.22機種と多数の端末を発表したが、ここまで市場が悪くなる前に作ってしまい、供給過多になったと思わないか?(同様の質問が複数あり)
A.確かに総販売数は落ちてきているが、22種類はスマートフォンも含めてのラインナップ。客に合ったものを用意するという意味では、多いとは思っていない。

Q.価格帯はどれくらい広がるのか? 4つのシリーズによって違うのか、それともバラバラなのか。
A.価格は4万円台から5万円台と考えている。シリーズごとに異なるのではなく、それぞれのシリーズに、4万のものもあれば5万のものもある。

Q.メーカー買いの多そうなソニー・エリクソンの端末がないが、なぜか?
A.ソニー・エリクソンとはこれからももちろん付き合う。相手が決めることではあるが、世界に向けて販売しているスマートフォンを、日本で売るという方向になると思う。

フォトセッション&端末写真

http://farm4.static.flickr.com/3286/3005125516_05b3929b29_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3069/3005125536_eba2d1b5d3_o.jpg

発表会後のタッチ&トライで触れた各端末の写真については、のちほどアップする予定だ。


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Wed, 05 Nov 2008 19:10:45 JST (3246d)