イベント/2008.06.10 イーモバイル新製品発表会/発表会レポート - Windows Phone

イベント/2008.06.10 イーモバイル新製品発表会/発表会レポート

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

http://farm4.static.flickr.com/3051/2566542053_41df5bca74_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3087/2567365528_06e9dc54bb_o.jpg

2008年2月に「EMONSTER(S11HT)」を発売したイー・モバイルが、新たなる端末、そしてサービスに関する発表会を行なった。ここでは会場の模様を中心にレポートする。なお、発表されたWindowsケータイ「EMONSTER Lite(S12HT)」についての詳しい情報は、以下のサイトで確認してほしい。

EMONSTER lite Wiki

開催概要

  • 日時:2008年6月10日(火)14:30~
  • 会場:ホテルニューオータニ

発表会内容

千本倖生氏による挨拶

新製品の発表に先立って、イー・モバイル株式会社代表取締役兼CEOの千本倖生氏が挨拶を行なった。氏は携帯電話の流れがふたつに分かれてきたと分析。ひとつはシンプルなもの、もうひとつは通話はひとつのアプリと捉えるスマートフォン。この日イー・モバイルは、そのふたつの流れに対応したふたつの端末を発表した。
なお今回は冒頭の挨拶を行なった千本氏のほかは、中国系の3人が発表や挨拶を行なった。このことを指して千本氏は「中国の技術は最先端。今日は歴史の潮目が変わった、象徴的な発表会になる」ことを宣言した。

http://farm4.static.flickr.com/3060/2567363626_a42ee92af7_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3101/2566541149_9c5eb80e0c_o.jpg

エリック・ガン氏による新端末、サービスの発表

続いて登場したイー・モバイル株式会社代表取締役兼COOのエリック・ガン氏は、新端末とサービスに関する発表を行なった。

H11HW

最初に発表したのは、イタリアの最高級車(2億円近いらしい)のBugattiのデザインからアイデアを得たというシンプルな携帯電話「H11HW」。

おもな機能は以下の4つ。
・3.6Mbpsモデム機能
・200万画素カメラ
・テレビ電話
・メディアプレーヤー

なかでもテレビ電話は、イー・モバイル初の機能となる。
値段は5,980円(新にねん契約の場合)で、その後の支払いは一切なし。6月14日から販売される。また月額料金は1,980円で、イー・モバイル端末に対しては24時間話し放題。固定宛は30秒5.25円、他社携帯宛は30秒。さらに3.6Mbpsデータ通信は1,000円分無料になる。
また日本でテレビ電話が普及しない理由として利用料金の高さを挙げたうえで、同社の利用料金は30秒18.9円とすることを明らかにした。

http://farm4.static.flickr.com/3120/2566541437_b722fc706f_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3133/2567364040_d1e3dcd093_o.jpg

EMONSTER lite(S12HT)

続いて発表されたのは、片手で利用できるというWindowsケータイ「EMONSTER lite (S12HT)」。「EMONSTER」シリーズの第二弾で、OSにはWindows Mobile 6 Professionalを採用。テンキーとHTC製のインターフェース「TouchFLO」で操作する。「EMONSTER」からフルキーボードやGSM、無線LANへの対応という機能はなくなったが、その分、厚さ15.8mm、重さ120gと軽量化した、まさに「Lite」な端末だ。こちらの発売は7月下旬を予定されている。

http://farm4.static.flickr.com/3115/2566541783_2477b86eea_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3015/2567364278_271959e67d_o.jpg

国際電話サービス

さらに7月1日正午からイー・モバイルによる国際電話サービスが始まることも明らかにされた。アメリカ、中国、韓国などの主要10か国へは料金が1分36円で、その他の47か国へも通話できる。また9月30日まではデビューキャンペーンとして、どの国へも30秒18円で利用できるようにするそうだ。

http://farm4.static.flickr.com/3181/2567364502_c5597b8b29_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3276/2566541981_ca4276fbde_o.jpg

来賓による挨拶

エリック氏による発表のあとは、この日発表された新端末のメーカーの代表が挨拶を行なった。っして「H11HW」のファーウェイ・テクノロジーズのアジア・パシフィック地域端末部門担当プレジデントを務めるアレックス・ジャン氏、「EMONSTER lite(S12HT)」のHTC Nippon株式会社代表取締役社長のデビット・コウ氏はともに、自社の端末への自信を語った。

http://farm4.static.flickr.com/3282/2566673107_d17c89d289_o.jpghttp://farm4.static.flickr.com/3022/2567364592_4e70a943a2_o.jpg

質疑応答(抜粋)

Q.「EMONSTER lite(S12HT)」とNTTドコモの「HT1100」との違いは?
A.サイズは「EMONSTER lite(S12HT)」のほうが少しだけ薄い。内容はほぼ同じ。(さらにあとで聞いたところ、「HT1100」よりも軽いらしい)

Q.今回の端末で狙う客層は?
A.「H11HW」は、20~30代の多く通話をする層を狙う。「EMONSTER(SH12HT)」はこれまでのWindowsケータイ同様、30代のビジネスマンになると思う。

Q.ユーザー数の目標は?
A.目標は2012年までに500万人。来年中には250万は達成したい。

Q.HSDPAの次の通信規格についてはどう考えている?
A.HSDPAはソフトを更新すれば40~80Mbpsまで出せる。ただしそれ以上の場合は、HSDPAでは難しい。来年には何か動くかもしれない。

Q.国内ローミングに対応しているか?
A.どちらの端末もNTTドコモのローミングに対応しない。音声だけではなく、データのほうが重要。年内には90%の人口カバー率を目指す。

Q.海外ローミングに対応するつもりはあるのか?
A.どちらもSIMロックフリー。端末を海外に持っていって現地のSIMカードを利用すれば使える。国際ローミングは年内には行なう予定。

Q.「TouchFLO」の次のバージョンを導入する予定は? アップデートなどできるのか?
A.デバイスによる。発表できるタイミングがあれば発表する。


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Tue, 10 Jun 2008 19:30:34 JST (3209d)