イベント/2008.05.26 ウィルコム新製品発表会 - Windows Phone

Top > イベント > 2008.05.26 ウィルコム新製品発表会

イベント/2008.05.26 ウィルコム新製品発表会

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

「ガラパゴスケータイは目指さない」─ウィルコムのこれから

http://farm3.static.flickr.com/2106/2522923099_4e05c1e3f8_m.jpg http://farm3.static.flickr.com/2186/2523744646_63386224e1_m.jpg

本日、東京・六本木の東京ミッドタウンにおいて、ウィルコムの新製品発表会が開催された。発表会は、代表取締役社長の喜久川政樹氏の UMPC「WILLCOM D4」についてお詫びのコメントで始まるという異例の雰囲気の中行われた。喜久川氏は、まず“次世代へ繋がる端末”“生活密着型”“スマートフォン”という3つの言葉を用いて同社の目指す方向性を説明。いわゆる“ガラパゴスケータイ”を目指さないという同社の姿勢をアピールした。

続いて喜久川氏は、同社の音声定額プランの契約が現在も順調に推移していること、その中心となっているのが、今年2月に発売された「HONEY BEE (ハニービー)」シリーズであることを説明。さらに、この場で「HONEY BEE」のカラーバリエーションモデルとして“ブルーシールアイスクリームモデル”3 色を発売することも明らかにされた。

http://farm3.static.flickr.com/2366/2522923869_73f7d9c15c_b.jpg http://farm4.static.flickr.com/3125/2522923993_047ed5c5eb_b.jpg

また、ユーザーからの要望が高かったモバイル Felica に対応したウィルコム電話を今年度の第 4 四半期をめどに発売する予定であることも明らかにされた。現時点で導入が予定されているサービスは、クイックペイ、ANA、JAL、モバイル Suica 、Edy の 4つ。

「ゼロ」から作り上げた新Windowsケータイ「WILLCOM 03」発表

http://farm3.static.flickr.com/2178/2523746418_af357dff55_b.jpg http://farm3.static.flickr.com/2176/2523746992_1054cc9636_b.jpg

喜久川氏からは、引き続いて「W-ZERO3」シリーズの集大成として文字通り“0 (ゼロ)”から商品設計を見直したという Windows Mobile 6.1 Classic 日本語版搭載の後継モデル「WILLCOM 03 (ウィルコム ゼロスリー)」が発表された。

http://farm3.static.flickr.com/2389/2523747324_12f399e7d3_b.jpg http://farm4.static.flickr.com/3190/2523747656_5778cb8ef8_b.jpg

WILLCOM 03 は、液晶面に操作ボタンの凹凸が無い“フルフラット・サーフェース”を採用したスマートなデザインが特徴の端末。ボディカラーは、ライムトーン、ピンクトーン、ゴールドトーンの 3 色が用意されており、サイズは従来の W-ZERO3 シリーズよりもさらに小型な高さ 116mm 、横幅 50mm となっている。また、カーソルキー / ダイヤルキー部には新たに“イルミネーションキー”と呼ばれるセンサーキーを採用している。このイルミネーションはケータイスタイルでの使用時と QWERTY 形式のフルキーボードを引き出した時で変化するというユニークなシステム“2 モードイルミネーション”を採用している。

http://farm3.static.flickr.com/2227/2522926721_438fc8dded_b.jpg http://farm4.static.flickr.com/3072/2523749404_c5a6dbc351_b.jpg

電話としての使いやすさに重点が置かれているのも同製品の特徴。斬新な機能を盛り込んだアプリケーション開発を行うというよりも、これまで使いにくかったWindowsケータイ向けの通話アプリを使いやすいもの、帯電話として問題がないレベルの使いやすさになるよう改良したそうだ。ブラウザは「Opera Mobile 9.5」。すでに当サイトでも紹介してきたが、ついにこのブラウザが製品に標準搭載されることになる。その使いやすさについては、従来のブラウザとは比べ物にならないので、標準で搭載されるようになったのはうれしい限りだ。また、日本語変換には、“ケータイ Shoin”を採用しており、変換機能面でもより普通のケータイに近い使いやすさになっているとのことだ。

http://farm3.static.flickr.com/2332/2522928147_d1e2df5180_b.jpg http://farm3.static.flickr.com/2007/2522928707_3d02fe2d05_b.jpg

http://farm4.static.flickr.com/3068/2522928881_e26ed488f8_b.jpg

通信関連の機能としては、PHS (高度化通信規格“W-OAM”対応の W-SIM「RX420IN」を同梱) 、無線 LAN のほかにも、高速赤外線通信 IrSS 、Bluetooth などを備えており、インターネット、データのいずれにおいても高速な通信が可能。24 時間使い放題の音声定額プラン“ウィルコム定額プラン”に“データ定額”を組み合わせておけば、ケータイとしてもネット端末としても今最もお得で快適に使える製品と言えるだろう。また、ワンセグ機能も標準で搭載されており、エンターテインメントの面でも高機能化したほかのケータイに十分に対抗できる製品となっている。
http://farm3.static.flickr.com/2287/2523751950_c830dd52dc_b.jpg http://farm3.static.flickr.com/2103/2522929699_1f58719910_b.jpg

気になる販売価格は“W-VALUE SELECT”で一括購入した場合の購入価格が 6 万 3,120 円で、“W-VALUE 割引”を適用することで実質負担額は 3 万 5,520 円。分割購入の場合は 2,630 円の 24 ヵ月払いで 6 万3,120 円。こちらも“W-VALUE 割引”を適用することで実質負担額は 3 万 5,520 円となっている (価格はいずれも税込)。なお、予約販売に関しては発売日の 1 週間前からウィルコムストアとウィルコム直営ショップのウィルコムプラザで行われる。また、予約販売の開始にあわせて、ウィルコムプラザでタッチ & トライイベントも実施される予定だ。

スペックなどのより詳細な情報に関しては、下記の特設サイトにて随時公開していくので、楽しみにしてほしい。


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Mon, 26 May 2008 19:42:45 JST (3289d)