イベント/2007.07.18 WIRELESS JAPAN 2007 - Windows Phone

Top > イベント > 2007.07.18 WIRELESS JAPAN 2007

イベント/2007.07.18 WIRELESS JAPAN 2007

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

http://farm2.static.flickr.com/1185/843577653_ffdf6966e7_b.jpg

WIRELESS JAPAN 2007 に注目の Windows ケータイが集結!

東京・有明の東京ビッグサイトにおいて、本日 7 月18 日より 7 月 20 日までの期間で、ワイヤレス & モバイル市場における「R & D とエンジニアリング」「セールス&マーケティング」にフォーカスしたビジネスコンベンション“WIRELESS JAPAN 2007”が開催されている。同イベントは、携帯電話はもちろん、Windows ケータイなども出展されているモバイルファン必見のイベントだ。

HTC ブースで話題の SIM ロックフリー最新端末をチェック!

7 月 18 日に HTC Nippon が国内販売の発表を行った Windows ケータイ「HTC X7501」と「HTC P3600」。SIM カードを差し替えることで、ソフトバンクモバイルや NTT ドコモなどの通信事業者を自由に使い分けられる、いわゆる“SIM ロックフリー”の端末ということもあり、発表直後から大きな注目を集めている。

WIRELESS JAPAN 2007 のHTC ブースでは、この最新の SIM ロックフリー端末を実際に触る事が可能となっている。Windows ケータイ FAN 取材チームも、早速ブースへと足を運んでみた。

http://farm2.static.flickr.com/1331/844483544_4b37fa9ea1_b.jpg

HTC X7501

こちらがラップトップタイプの X7501 。パッと見た感じは以前 IBM から販売されていた「ウルトラマン PC」こと「IBM PalmTop PC110」を思い出す。「X01HT」と並べてみると(右側の写真)、数値以上に大きな印象を受ける。搭載されている OS は Windows Mobile 6 Professional Edition の日本語版だ。

http://farm2.static.flickr.com/1109/843634115_8ef87c121e_b.jpg http://farm2.static.flickr.com/1228/844503816_73c5907f98_b.jpg

この端末のユニークな点は、液晶部分……というより本体部分とキーボード部分が完全にセパレートになっていること。皮ケースと、本体部分、キーボード部分をセットにして使用するのが基本で、本体部分とキーボード部分はマグネットでつなぐようになっている。

http://farm2.static.flickr.com/1179/843638363_5602a6de62_b.jpg http://farm2.static.flickr.com/1439/843640573_56fdc46475_b.jpg

使用時には、本体部分とキーボードをドッキングし、皮ケースをスタンド代わりにしてノートパソコンのようなスタイルで入力する。使用後は、本体部分とキーボードを離し、折りたたむ事で、ちょっと大きめのシステム手帳のような感覚でバッグなどに収納できる。もちろん、本体部分だけを取り外してスタイラスによるペンオペレーションで使うことも可能だ。

http://farm2.static.flickr.com/1197/844507474_735c9589ca_b.jpg

ちなみに、キーボードに関してはピッチもゆったりと取られており、小型の Windows ケータイと比べると打ち間違いや取りこぼしなどは少なくなりそうだ。ただ、若干キーストロークは浅く、その点のみ気になった。スタッフによると、展示されていたのは、ハードウェア(筐体)は実際の製品版相当とのことなので(ソフトウェアは今後調整される)、これはやや残念なところだ。

http://farm2.static.flickr.com/1070/843643935_89af5f560e_b.jpg

HTC P3600

HTC ブースでは、もう一方の SIM ロックフリー端末 P3600 も実機が展示されている。P3600 は、GPS 機能が特徴の端末。間もなく Windows Mobile 6 を搭載した端末が発売されることを考えると、OS に Windows Mobile 5.0 日本語版を採用している点が気になるが、高さ 108mm × 幅 58.2mm × 暑さ 18.4mm の小型・軽量ボディで GPS を使えるのはうれしい限りだ。

ブースに展示されていたのは、ホワイトとブラックの 2 色。下の写真では X01HT との比較画像を載せているが、その小ささが分かるだろうか。X01HT のようにキーボードが無い分、暑さも半分程度しかない。これなら胸ポケットに入れて持ち歩くのも苦にならないだろう。

http://farm2.static.flickr.com/1142/843646199_89f098dd2c_b.jpg http://farm2.static.flickr.com/1348/843648445_6d694185b5_b.jpg

P3600 の外観はとにかくシンプル。最近ではすっかり姿を見なくなってしまったオーソドックスな PDA 型の Windows Mobile 端末という感じだ(が、Winodws ケータイなのでもちろん通話もできる)。下の写真では、200 万画素のカメラや筐体周辺のボタン類の画像なども掲載しているので、チェックしてほしい。

http://farm2.static.flickr.com/1061/843649911_810cce9c60_b.jpg http://farm2.static.flickr.com/1240/843650979_ec427cbfbf_b.jpg

http://farm2.static.flickr.com/1222/844514490_ee8aaf725a_b.jpg http://farm2.static.flickr.com/1194/843654659_bf73b29911_b.jpg

ちなみに、こちらはカラーバリエーションのブラック。

http://farm2.static.flickr.com/1286/843656109_22b8f66020_b.jpg

このほかの Windows ケータイ(と余談)

今回 WIRELESS JAPAN 2007 に出展されていたのは、もちろん SIM ロックフリー端末だけではない。発売がいよいよ明日に迫ったウィルコムの「Advanced/W-ZERO3[es]」や、SIM ロックフリー端末と同じ HTC が手掛けたソフトバンクモバイルの「X02HT」なども実際にブースで手にとって触れる。また、先ごろ新規エリア開業を記念した 1 万円値引きキャンペーンを発表したイー・モバイルの「EM・ONE(エムワン)」なども展示されている(ドコモブースの hTc Z を使った新技術のデモは要チェックかも…)。このほかにも幾つか Windows Mobile 端末が展示されているので、会場に行った人はチェックしておこう。

http://farm2.static.flickr.com/1233/844442268_3992c2b8e1_b.jpg http://farm2.static.flickr.com/1164/843662169_2d84e537b1_b.jpg

http://farm2.static.flickr.com/1145/843631671_4ebc40daa6_b.jpg http://farm2.static.flickr.com/1224/843674501_44148fcbaa_b.jpg

さて、最後に記事のメインとなった SIM ロックフリー端末の気になる情報も 1 つお伝えしておこう。現時点では、価格・発売日などの詳細に関しては明らかにされていない両端末だが、ブースで確認したところ、国内での販売価格は、すでに販売が開始されている海外の価格に近いものになるようだ。もちろん、X02HT などのように、通信事業者から販売されるわけではないため、インセンティブを利用した低価格での販売はない。特に X7501 に関しては、「エントリークラスのノートパソコンを購入するのと大差ない価格になる」ということは覚えておいてほしい。法人限定の販売ではないので、誰にでも購入できるのはうれしい限りだが、価格面がネックになってしまいそうなのはちょっと残念だ。


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Wed, 18 Jul 2007 21:15:15 JST (3603d)