イベント/2006.12.12 Microsoft(R) Exchange Server 2007 製品戦略説明会 - Windows Phone

Top > イベント > 2006.12.12 Microsoft(R) Exchange Server 2007 製品戦略説明会

イベント/2006.12.12 Microsoft(R) Exchange Server 2007 製品戦略説明会

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加
 

 マイクロソフトは、都内において 次期メッセージングサーバー製品製品「Microsoft Exchange Server 2007」に関する製品戦略についての記者会見を開催した。

 

Microsoft(R) Exchange Server 2007 製品戦略説明会

日時

  • 日時:2006年12月12日(火)
  • 13:30~14:30(受付開始 13:00)
  • 場所:ホテルニューオータニ東京
    ザ・メイン アーケード階「おり鶴 翔の間」
    《住所》東京都千代田区紀尾井町4-1

出席者(敬称略)

  • マイクロソフト株式会社 
    インフォメーションワーカービジネス本部 本部長 横井 伸好
  • 株式会社ニコン
    Exchange Server 2007導入表明のインタビュービデオ
    情報システム部 ゼネラルマネージャー 飯塚 芳康
    情報システム部 ネットワークシステム課 村上 和也
    情報システム部 ネットワークシステム課 緒方 春美
  • マイクロソフト株式会社 
    インフォメーションワーカービジネス本部 マネージャー
    藤縄 智春
  • 株式会社ウィルコム
    ソリューション営業本部 ソリューション推進部長
    深見 一一(ふかみ かずいち)
    • Microsoft Exchange ServerとW-ZERO3の連携
    • ウィルコムのExchange Serverホスティング「Access P-BERRY」
  • 株式会社大塚商会
    マーケティング本部 テクニカルプロモーション部 執行役員
    後藤 和彦
  • 富士通株式会社
    ストレージシステム事業本部 プロジェクト部長 赤坂 勉
  • インテル株式会社
    マーケティング本部 デジタル・エンタープライズ・グループ
    Xサーバー・プラットフォーム・マーケティング部 部長
    徳永 貴士
  • 司会
    http://static.flickr.com/136/320185816_d399b0c7a4_o.jpg
    マイクロソフト株式会社 広報部 荒井

内容

2005年度には、メッセージングサーバー市場にて34.7%で、No.1シェアを獲得したMicrosoft Exchange Server 2003の次期バージョンにあたるMicrosoft Exchange Server 2007の開発を完了し12月1日より提供を開始したことを受け、製品戦略についての説明会を行った。また、パッケージ版での製品の提供は2007年01月30日から開始となる。MSDNなどダウンロードでの提供は12月15日から。

Exchange Server 2007に関する機能とサービスのデモ。W-ZERO3[es]を用いて、リモートで、データを削除する「リモートワイプ」も実際にデモが行われた。

  • Exchange 2007の大きなポイントは下記の2点
    • 生産性の高さ
    • セキュリティー(コンプライアンスを遵守する上での)

http://static.flickr.com/136/320341849_f782d747fe_o.jpg
「リモートワイプ」機能のデモ

http://static.flickr.com/134/320351729_fa23a58eab_o.jpg
Exchangeと同期されるW-ZERO3。この後、リセットされた

また、様々なパートナーも登壇し、Exchange Server 2007を用いたソリューションサービスを紹介した。当然その中には、W-ZERO3[es],W-ZERO3を提供する株式会社ウィルコム ソリューション営業本部 ソリューション推進部長 深見氏から、Exchange ServerのASPサービス、「Access P-BERRY(アクセス ピーベリー)」サービスについての説明も行われた。
自社でインフラを持つことができない中小企業向けに提供しており、非常に引き合いもつよい。Exchange Serverの機能をホスティングサービスで利用できる為、非常に好評を得ている。また、W-ZERO3[es],W-ZERO3は当然として、Windows XPのノートPCなども利用できる為、既存の資産も生かしつつ活用できている、との声をいただいている、とのこと。

http://static.flickr.com/129/320341832_1ab785b80a_o.jpg
「Access P-BERRY」について解説する深見氏

  • Microsoft Exchange ServerとW-ZERO3の連携
  • ウィルコムのExchange Serverホスティング「Access P-BERRY」

Exchange Serverを利用することで更にWindowsケータイが便利になる

Exchange Serverを利用することで更にWindowsケータイが便利になる。一番わかりやすい事例が「リモートワイプ」だろう。

現在では無料で利用できるサービスもあるので是非Windowsケータイをもっている方は一度ためしてみるといいだろう。Winodwsケータイ 全般で利用することが出来る。

本気のウィルコムとマイクロソフト

こちらは余談だが、本日参加した報道関係者に、W-ZERO3[es]の貸与が行われた。実際に使って体験していただきたい、とのことだ。ウィルコムとマイクロソフトの本気度がうかがえるといえよう。

  • 貸し出し受付の様子
    http://static.flickr.com/129/320268833_719015bdee_o.jpg
    山と積まれた貸し出し用のW-ZERO3[es]。後ろには記者の長蛇の列ができた

http://static.flickr.com/127/320335554_112aa63da0_o.jpg
スタッフが入手したW-ZERO3[es]。右横の赤いマッチ箱みたいな小さな箱に、SIMが入っている。やはり、現在のW-SIMよりも1.6倍早いので「赤」なのだろうか。

http://static.flickr.com/144/320335580_f587a94e13_o.jpg
箱の中は通常の製品版と同様のもの。プレミアムエディションではなかった。

http://static.flickr.com/133/320335599_204ce183cf_o.jpg
こちらが、W-OAM対応W-SIMとその説明書。3ヶ月の使用期限つきだが、W-SIMまで貸し出すところにWillcomとMicrosoftの本気度が感じられる。

皆様のコメントをお待ちしております


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Wed, 13 Dec 2006 00:35:26 JST (3787d)